公益社団法人 尾道法人会 広報No.139

公益社団法人 尾道法人会 広報No.139(page 9/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.139]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.139」 内の 9ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公笹川よ人尾道法人会?一回資産-I~主主~'1告主主玉三f;司同~'

公笹川よ人尾道法人会?一回資産-I~主主~'1告主主玉三f;司同~',リ5~の3隼・1.1.500万悶〈桐明伶)叉l.:I: l.000方内〈一般縛〕と'~')lt守."金2H一般縛H特鋼伶Jともに床置繍50'"以上240m以下め住宅.対象です〈寮白羽広大量集。後災者について~上限隠ありません. ).匝晶画.森林施業の集約化や路網整備等による材業経営の効率化継続の確保といった政横目的の達成が的確になされるよう、税制よの支援措置として、山林についての相続税の納税猶予制度を創設します。("'J1i24年4月1日以後に相続により取得する山科に係る相続税について適用します。](制度の槻要〕0盈盈墾王旦翠皇森林法に定める森林躍営計画に世って施聾路網整儀を行う山林(林地立木)〈注1)山林について"効率的かつ安定的信林繁総省を推進する銭点からlQOhaL')上のものに限ります.(注目立木について"相続調始隣点から一定期間(槍続人の余命年数と30年のいずれか煩い問調〉肉に得議的毛主伐鰯を迎え"いものに限ります.0並丑1盆主盟主よE対象山林の評画額の80%に対応する相続税0盤整盆呈2皇金森称経営計画に世った施撲の築制作業路網の聾情コ計画に世った施業を行っていない唱古には、彊予税額を納吋0主主よと之主盟上Eの条件については、毎年、農林水産大臣が確認0筆主盈盆旦皇盤相続人が死亡した場合には描予税額を免陪【相続税の連稽納付纏務の見直し1・.相続税の連帯納付義務について、相続種長期間が経過した後に履行を求められるケース在どの発生を防止する観点力、ら以τのとおり、見直しを行います。I次の場合には、連帯納付義務(注りを解除]①申告期限等から5年を経過した場合惜の②担保を提供して延納豆は納税猶予の適用を受けた場合(逮1)相続により財産を取得した者はその相続に係る相続税についてその相続により受けた刺益の価額に相当する金額を限度として互いに逮格納付の義務を負うこととされています。〈注2)5年経過鴎点で既に連帯納付機梼の履行を求めているものについては、継続して履行を求めます。(参考)徴収権の消滅筒効5年(国税通則淫?2条)〔刊24刷月18U1Iに@醐酬が到来する相続税について適用し机ただし1同日において来納となっている相続税についても上配の改正と同織の級いとします.J9