公益社団法人 尾道法人会 広報No.139

公益社団法人 尾道法人会 広報No.139(page 5/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.139]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.139」 内の 5ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公笹川法人尾道法人会?過ぎましたり口で教え。て頂き、あっという聞に時間が繭砲の輔期特置を分かり品く、軽妙な時教組頼のワインを楽しみ、ワインの産地やこのお話の聞に、ンャンパンから白・事とり込むことが出来....

公笹川法人尾道法人会?過ぎましたり口で教え。て頂き、あっという聞に時間が繭砲の輔期特置を分かり品く、軽妙な時教組頼のワインを楽しみ、ワインの産地やこのお話の聞に、ンャンパンから白・事とり込むことが出来るのだそうです。ワインられて3いMる酬の額での、特こ慣こをの知赤れワばイ、ン大3ま極か鎖、白に粧はフランスの右名産地のワインを手本に作実は、市場に溢れるワインも多くのそノみのワインを見つければよいのでしょうPそれでは、どうやってその中から自分師インとなると且の散ほどあるそうです。朝を超えるほどあ旬、そこから作られるワウの融知だけで大雑把に数もえても100櫛しいただき、現在世界中でワイン用のブドその中で、ワインの選び方についてもお話シ」れμmhソさふTレれ~。たテイスティングの所作の苦味を知る機会ることを知り、向気なくグラスを回してい置が、昧だけでなく色や句いに端的に表れれぞれのワインの原材料や製造過桂の特がテイスティングして当てるクイズでは、そ銘柄を伏せて出されたワインを害加者H~会ぜさ6Tしわ~。表的な銘柄の特酷まで幅広くお話しいたうテIマで分割歴史からブドウの産地、代つがあり、lワインってどんなお酒?ーといらもう一度おさらいしましょう。」とあいさことで改めて初心に帰り、ワインの基礎か口頭に講師から「本日は、同回目という研修会も節目となる凹回目を迎えました可してワイン研修会が開催されまLPもこのいて講師にソムリエの佐藤公治氏をお迎え去る2月7日(木て尾道函際ホテルにお..-害行日加先時人数おAm名砲減同辺副克平成お年2Hnu(上)かし会を終えました。しいただければと思います。」と会場を湧の言葉だけ忘れていただいて、来年もお飽ないよう私は初心を忘れず、皆さんは私また同じことをしゃべりょうる、と百われ加い日た以だ桂いにて講師いよるり方こ「も何の人会ものお初めらかれらまごす参。物産展について鋭明する渡辺敏物産展委員会副委員長(三厩宝入会)eしれ~。川町内背年部会日が共有した告となりまわせれば何事もなし得る」という気持ちを万一心」に込められた、「国人が符で力を合企画を準曲しています。大会スローガン「百より中国地方の魅力を体感していただく全国から集う全日に対して広品県はもと物産展笹口ム誌を、昨今の3月に立ち上げ尾道法人会背年部も三一服法人会と共にさイれヤるル大ホ会テのル慨広型品がを説メ明イさンれ会ま場とししたて。開催日8スを日ロ「集(ー百ガめ金万)ンが心一広、の金向両目日」以1グ、に束リ全紹ねー固介ンさよかアられうリ2、三ーH本ナ0月のリ7H(矢1名をガロの木1全)、のし部た連。結協議会「背年の鼎い」が聞陥されま山大会」に向けた決起大会と言える青年に迫った市幻回法人会全国官今の集い「広0名を超える部会日が集い、いよいよ今秋ιおいて、川町内同単位会背年部会より2広5向2月日日(金)リlガロイヤルホテル小学生からの公募で選ばれた作品です。合計忠つの広品各地の名所、名摩品が刷所に散句ばめられた、普に師かれる霊らしいキャラクタに仕上がりました。探してみてください1"・世界文化遺産厳島神社の『大鳥居J.神の遣いとされる「鹿」・毛利元就公の「三志の矢J.名産の『しゃもじ」.名産の『はっきく」.広島県の「ひ」の字・t.;:でしこジャパンの国民栄曹賀町副賞としても採用された「瞬野筆」.県木である『もみじ」の葉大会キャラクターrひろシカ』