公益社団法人 尾道法人会 広報No.139

公益社団法人 尾道法人会 広報No.139(page 4/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.139]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.139」 内の 4ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公佳子ll~法人尾道法人会平成お年i月辺日(火て尾道国際ホテルにおいて新年研修会並びに交歓会を開催し、130名を越える書加者で開催された。開会にあたって手塚会長より「閃年前、ジーンズやビートルズを初めて日比て....

公佳子ll~法人尾道法人会平成お年i月辺日(火て尾道国際ホテルにおいて新年研修会並びに交歓会を開催し、130名を越える書加者で開催された。開会にあたって手塚会長より「閃年前、ジーンズやビートルズを初めて日比て、何て品の拒いそノだろうと感じたが、今となってはジーンズやピlトルズ抜きでファッションや古来は訪れない時代となった。ピジ不スにおいてもインターネットの普及により、地肢に限定されていた販光が園内はもとより海外にまで広がる時代となった。この変化の激しい時代に我々は如何に生き肱くのかと恐ろしくも感じる。だからこそ本日の研修が、企業のトyプのリーダーシァプは如何にあるべきかを考える機会になればと思います」と挨妙。続いてご来賓を代表して鵜泊尾道税務者Kより「従来より適正かつ公正な税務行政の述川をはかつていますが特に、平成お年の取り組み笹勢として以下の5山を由主悦したい。Iつ日としてICT(インフォメーションeコミュニケーション・テクノロジー)の活川は情報通信技桁を活用した申告納税の推進、2つ目として大口悪質蕪申告者に対する税務闘査の充実、3つ日として滞納残高の縮小、4つ目として法令遵守法人の尊重・拡充であり、税理士の関与による住而添付制度の普及拡大の推進、5つ日として税務調査手続きの法定化による手続きの透明性の確保や納税者の予見可能性をeMめることを充実するとし、皆さまのより一層のご主媛ご協力をお願いしたい」と祝辞を述べられた。新年研修会では、前ザ・リッァ・ヵlルトンホテル日本文相長の高野畳氏をお迎えして『組織の活力を生む、リーダーの流印刷1自分が変われば周hりが変わる1」のテlマで摘出会を開催。その能、交歓会に移り平谷尾道市長のご発声で乾判となり、講帥を古めて的報交換と親睦を深めた。高野畳氏『組織の活力を生む、リデの流儀53自分が蛮われば周りが霊わる3』抽出間的の2時間前、会場の下見に来られた市野氏がまず-Hわれた、」とは、受講告の腹るテーブルと約干の角度でした。両サイドのテーブルは中央に向けて少し角度をつけた方が聞かれる力も前に盛る来賓の方にとっても良いですよとのことでした。今までに監多くの方にご描油田きましたが会場のF見で机の品川位から錐盟された方は初めてでした。-オリエンテシヨン噌冊減ではまず内身の惜敗に終わった長野市長選挙の市から始まり、山町主明から3週間しか無い中で何をするべきか何を約てるべきかを考え「オリエンテ1ンヨン」に特化して行う手法をとったのだそうです。ここでい、つ「オリエンテーション」とは、企業を、水続させるには社日を山けでなければならないが、その為には「オリエンテlンヨン」「研修」「教育」の3つが必聾であり、「オリエンテlンヨン」とは会社組織にとっての事ヴイジョンだけを徹底的に踊る時間でありこれが山来るのは組組のリーダーしかいないのです。「研修」とはバランスよく夢、ヴィジョンを進めるための一人ひとりの知識とスキルを附く時間で「教育」とは相手(お客様)の気持ちに得り語、つ人間力をつける時間であり、、』の中で成長した社日こそが企需の将来を担慨することとなるのです。長野市駁円以4000名が年間loo人的市民から「ありがたい」といわれる仕事をやって行こう。これが5年同年続けばどうなるか。市川町や地元の経世者はどう思うか。「4年桂には長野は、」んな街になるよ」「日本中から位界から研修に来ますよ」間られた時間の中で懸命に訴‘えられたそ、つです。なぜ売れないのかヲ組踊を変えたいと思った時、まず変わらなければならないのはリーダーなのです。4なぜ克れないのか?という聞いに替えるなら「あなたから口う理向がないから」と答えるでしょう。評えはこれ叫上でも以下でもありません。お待機に口う理向があれば、お金と時間とエネルギーを世って来ていただけます。理由をつくる原動力、大一冗はリーダーであり、段々の組踊は向を以て何を成す組踊なのかを示し現場の戸に耳を傾け、お谷川仰に対して何が4置かを説くことが、リーダーの存在価植と一日えます。サービスとホスピタリティこのよく使う2つの一日来を新入相円以に肱聞に部ちるように説明できますかP解うているようで解りにくい概念ではありますが、サービスとはお客機との約束事であり、あって当たり前のそノ、お符械からむわれれば出来るものと百えます。マニュアル化が出来て、従っていれば大きな問題は尭生しないそういったものです。続けてホスピタリティとは、-Uわれるい川に一歩進んで、相手の」必場に寄り添って、対話により必聾なサービスを提供することなのです。どの様な軍輔君態であっても、ホスピタリティというプラスaが煙ければ、次もあなたを選ぶ鹿山間は生まれないのです。研修会を終えて交歓会に移りましたが、高野氏の同りには幾屯ドLも人組が州来ていました。お話を聞かれた仔さんは、業開慨も会社での立場もそれぞれですが、i時間四分の講耐の中で各々が気づくことがあったのではないかと思います。