公益社団法人 尾道法人会 広報No.139

公益社団法人 尾道法人会 広報No.139(page 2/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.139]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.139」 内の 2ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公州市正人尾道法人会聞き手は当佳人会字根本ですであるサイクリングについて熱い。思いをお聞きしました。博「品へょうこそ」1」と尼迫観光の新たなターゲットえして『瀬戸内しさんと尾道サイクリングまのわ20協会....

公州市正人尾道法人会聞き手は当佳人会字根本ですであるサイクリングについて熱い。思いをお聞きしました。博「品へょうこそ」1」と尼迫観光の新たなターゲットえして『瀬戸内しさんと尾道サイクリングまのわ20協会事務局の漬本さんをお迎141はじまる新しいしま会長で、尾道サイクリング協会の会長でもある川崎育造のおもてなしを現場で担当されている、尾道観光協会る中で今、サイクリングのイベントや尾道を訪れる観光客その準備香日会がまさしくこの者に聞かれようとすが平成初年度開催される。ま本いこる格のれ新的中をしな、受いイしけしベま入まンなれ同トみる海「名尾ぬ称道道へ「を市ょ漸中う戸や心こ内にしそし瀬ま」ま戸な3の内み」わのを(2良霊3月さす0銘1をる日4P人1々発Rはすの表じる思)爽と風を切り走り抜けていくサイクリスト述。そして、ンを持つ尾道を拠出に、風光明加なしまなみ海道を揖人の優しさと風景の輩附らしさで、全聞に多くのファトが選ぶとは到底思えないのですの魁uいサイクリングロlドをわざわ。さ位界のサイクリス正しく走行できる場所を求めているのですから、ルールしてしまいます。特に世界のサイクリストは自転車がり組まないと、本当にサイクリングを楽しみたい人を逃て正しい知識と本当の立味でのサイクリング企画に取選ばないと問、つのです。今、尾道がサイクリングに対し車道であれば、本当の意味でのサイクリストはこの追をしまなみを走ることは、日帯主であり、ルールもない自転ル理lル本の徹底そでれすは。サルイlクルリをス守トらとなしいて人公が道沢を山走のる人と数きでの字根本本当の立殺とはnpけないと思うのですリングの本当の立義。を伝えるべく動いていかなければい1位に選ばれる企ど注目を集めている。今こそ、サイクもたれ、サイクリストが選ぶサイクリングロIドの全国ども附設され、今、全園、全世界からしまなみに関心をやプル1ラインも引かれ、さらにはサイクリストの桁な置本現在のしまなみサイクリングロlドは表示粧字根本それは具体的には予が過ぎてしまうような気がしているきれていないのが現状であり、早くし。ないとそのプ1ムさは、世界一だと自負している。しかしこの良さを伝え着本私は、このしまなみ海道自転車道の輩附らし宇根本漬本さんはいかがですか?していきたい。日サ本イ一ク、リいスやト世界を一魅の了風し景てでいあるり各、型こ怖ので景の色サをイ全ク国リにンPグRはがら尾道e今治の両方から技ってきている。特に全国の多くの人が瀬戸内の品々の妖色や観光地を楽しみな川崎今、このしまなみ海道にサイクリングを楽しむ思いをお聞かせください字根本まずはサイクリ。ングの今現在の状況と今後のと思っていて、たとえばファミリー婦をタ1ゲァトにしたこのサイクリングロ1ドを気軽に利用していただきたいほしいと願っています。しかし尾道の観光を考える時にし、全世界のサイクリストに、このしまなみ海道に来て川崎私はそのルlルも当然4聾だと思っていますングロlドをどのように活用したいと思われていますか?すね。それでは川崎さんはこのしまなみ海道サイクリそ多くのサイクリストが鈍うコ1スになるということで字根本なるほど、ルlルがあり、そのルlルを守ってこ向島の~イクリJグロドと悶島大橋写真獲倹広島県土木局道路盤繍限2