公益社団法人 尾道法人会 広報No.138

公益社団法人 尾道法人会 広報No.138(page 8/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.138]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.138」 内の 8ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
平成26年1月から記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます事業所得等を有する白色申告の方に対する現行の記帳・帳簿等の保存制度について、平成26年1月から対象となる方が拡大されます。※現行の記帳・帳簿等....

平成26年1月から記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます事業所得等を有する白色申告の方に対する現行の記帳・帳簿等の保存制度について、平成26年1月から対象となる方が拡大されます。※現行の記帳・帳簿等の保存制度の対象者は、白色申告の方のうち前々年分あるいは前年分の事業所得等の金額の合計額が300万円を超える方です。税務署では、新たに記帳を行う方や記帳の仕方がわからない方のために、記帳・帳簿等の保存制度の概要や記帳の仕方等を説明する「記帳説明会」を実施しています。●詳しくは国税庁ホームページをご利用ください。国税庁*「個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について」をご覧ください。で検索申告書等は国税庁ホームページで作成できます!画面の案内に従って入力すれば、税額などが自動計算され、所得税の申告書や青色申告決算書などが作成できます。作成コーナー作成した申告書等の提出方法は2通りありますで検索住民基本台帳カード(電子証明付き)のある方インターネットで送信〈住民基本台帳カード〉別途ICカードリーダライタが必要です。住民基本台帳カード(電子証明付き)のない方プリンタで印刷して郵送等で提出8