公益社団法人 尾道法人会 広報No.138

公益社団法人 尾道法人会 広報No.138(page 7/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.138]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.138」 内の 7ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
女性部会10月例会視察研修79月13日(木)グリーンヒルホテル尾道において、7月に赴任されたばかりの尾道税務署鵜沼肇署長をお迎えして9月例会を開催しました。鵜沼署長には講話をいただき、姓の「鵜沼」について、お生....

女性部会10月例会視察研修79月13日(木)グリーンヒルホテル尾道において、7月に赴任されたばかりの尾道税務署鵜沼肇署長をお迎えして9月例会を開催しました。鵜沼署長には講話をいただき、姓の「鵜沼」について、お生まれの清水市(現在は静岡市清水区)のお話から防災への取り組み、そして我が国の財政状況を家計に例えてわかりやすくお話しいただきました。その後、会食を法人課税部門中山統括官、新開上席調査官も交えて行いました。日頃、あまり接することのない税務署の皆さんと打ち解けた雰囲気の中、楽しいひと時となりました。女性部会9月例会女性部会9月例会国民各層により能動的に税の仕組みや目的等を考えてもらい、国の基本となる税に対する理解を一層深めてもらうとともに、税務行政に対する理解及び納税道義の高揚を図ることを目的として行なわれる「税を考える週間」(11月11日から17日)に合わせてイオン尾道店において諸団体との協力のもと広報活動を行いました。私たち法人会は青年部によります「平成23年度租税教室パネル」女性部会によります「税に関する絵はがきコンクール受賞作品」の展示をしました。この他にも、尾道間税会による「税についての作文・習字募集事業の習字入賞作品」の展示や中国税理士会尾道支部による「税の無料相談」も行われました。税を考える週間税を考える週間税務研修会税務研修会10月19日(金)、好天のもと部会員20名で岡山県総社市の農マル園芸吉備路農園に視察研修へ出かけました。あいにく当日は、ブルーベリーの収穫が終わり、イチゴ狩りには少し早いという時期にあたってしまいましたが、さすがに中四国最大級の観光農園というだけあり、パンジーをはじめ多くの花々が咲き誇り楽しく散策することが出来ました。昼食後には、倉敷の三井アウトレットモール倉敷を訪れ、ご家族やお孫さん?へのお土産を買ったり、ゆっくりお茶を飲んだりして、日常から少しだけ離れてゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。女性部会10月例会視察研修11月28日(水)、尾道税務署鵜沼肇署長をお迎えしてベイタウン尾道で税務研修会を開催しました。安保研修委員長のあいさつの後「税務行政の現状」という演題でご講演頂きました。講演では、まず税は法律に則って課税され、勝手な課税や申告は出来ない租税法律主義の話から、何に対して税をかけるのか、税源をどこに求めているのかといった日本の税制の基本的なところからお話しいただきました。その後は、鵜沼署長がこれまでに経験されてきた、税務運営の中での実例を紹介しながら、税務署は会社のどこを見ているのか、どの様な形で情報を集めているのか、不適切な売り上げ処理を如何に見抜くかといった、現場を知らなければ分からない興味深い講演であっという間の1時間でした。鵜沼署長には7月の赴任以来、各支部をはじめ多くの場所でご講演頂いています。その都度、最後に言われることが「何年も苦労して脱税を行うよりも、正直に申告してゆっくり寝た方が会社の為である、更に一番は自分の為である」です。ご多用のところ、毎回披露するエピソードを変えて、聞く人が飽きないように心配りいただき、本当にありがとうございました。