公益社団法人 尾道法人会 広報No.137

公益社団法人 尾道法人会 広報No.137(page 9/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.137]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.137」 内の 9ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
?公佳子tl剖よ人尾道法人会LちJ識主主主~詰Ii誠治年以内I.開始する事業年度について、課税標準法人I.税額がある場合には、復興特別法人税申告I.書を提出する必要があります。O平成23年12月2日に公布された「東日本大....

?公佳子tl剖よ人尾道法人会LちJ識主主主~詰Ii誠治年以内I.開始する事業年度について、課税標準法人I.税額がある場合には、復興特別法人税申告I.書を提出する必要があります。O平成23年12月2日に公布された「東日本大震災か5の復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法Jにおいて復興特別法人税制度が創設されました。これに伴い、法人は原則として、平成24年4月1日かう平成27年3月31日までの期間内に最初に開始する事業年度開始の日から同日以後3年を経過する固までの期間内の日の属する事業年度(課税事業年度)について、各課税事業年度終了の日の翌日から2月以内|こ、税務署長に対し、復興特別法人税申告書(裏面参照)を提出しなければ芯りません。~. , (課税事業年度のイメージ図〉一一一三?μ-ーーー+ーーーー←-ーー三下!一一一一24件、1 25.平3市26宇.31 27平313月末決鱒法人ー一一一一一ー9月末決算ま人陵読毒薬事面24.'0.125甲3026宇3027♀30阪税事業年劇※平成24年4月1日から平成27年3月31固まτの聞に設立した法人や、同期間に事業年度を変更した法人等につきましては、特例があります。各課税事業年度の課税標準法人税額は、定の場合を除き、各課税事業年度の基準法人税額とされており‘法人税申告書別表ー(ー)を使用する法人の場合、基準法人税額は、次の算式により計算した金額と芯ります。r (算式〉……………・;し"山….".fTrf?TM山…二..二ニ- ..工なお、上記の課税事業年度であっても、課税標準である課税標準法人税額がない場合には、復興特別法人税申告書を提出する必要はありません。また、復興特別所得税の額は、復興特別法人税の額かう控除することとされていますが、控除しきれ芯い復興特別所得税の額がある場合には、復興特別法人税申告書を提出することにより、還付を受けるととができます。