公益社団法人 尾道法人会 広報No.137

公益社団法人 尾道法人会 広報No.137(page 7/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.137]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.137」 内の 7ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
平成M年7月5日術im日山町にかけて、尾道税務署管内(尾道市・世羅郡)の各小学校に「革4国税に附する絵はがきコンクール」の応募依頼に伺いました。昨年度までは楽市楽座に訪れた子どもさんを対車に行っておりましたが....

平成M年7月5日術im日山町にかけて、尾道税務署管内(尾道市・世羅郡)の各小学校に「革4国税に附する絵はがきコンクール」の応募依頼に伺いました。昨年度までは楽市楽座に訪れた子どもさんを対車に行っておりましたが、本年度より、尾道税務署管内のすべての小学6年生を対量として実施することとなり、上野部会長を中心に女性部会役員が各小学校に用紙を持書し応募のお願いをしました。9月即日川仰の締め切り桂に入賞作品を選考し、H月3日に表彰式、作品展示を行い、恒秀作品は県内の選考会に推肥します。また、U月の「税を考える週間」にはイオン尾道庖に展示予定です。公剛司法人尾道法人会女性部会7月例会は、ベラビスタ境が浜のコンシェルジユの森本恵子さんを招いて、おもてなしの心1超一流の習慣1」の講読を聴きました。最近ホテルなどで「コンンエルジユ」という言葉をよく耳にしますが、実際どんな仕事をしているのか分かりゃすく説明してくださいました。「コンンエルジごとはフランス話で直訳すると「大きな腫物、重要一な建物の門番」という意味だそうです。現在はそこから派生して、ホテルの宿泊客のあらゆる要望や案内に対応する「総合世話係」、「よろず相談承り係」というよう一な職務を担う人の職名として植われているそうです。指泊客のあらゆる要望に討して「決してNOとは言わない」ことを心がけ、「おもて一なしの利神」でお客様に寄り添うという聾勢は、感銘を畳けました。7月四日木曜日、瀬戸田サンセットピ1チにおいて背年部7月例会を開催しました。恒例の夏期交歓舎を兼ね、バーベキューを聞みながら金只聞の交流を行うことができました。当日ご設営いただいた瀬戸田支部の皆さん、ありがとうございました1