公益社団法人 尾道法人会 広報No.137

公益社団法人 尾道法人会 広報No.137(page 4/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.137]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.137」 内の 4ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公益性同it.A尾道法人会で推進していきたいと挨拶がありました社会地域への賞献が求められるが、会貝。皆様のこ協力たと改めて報告がありました。今後は更なる各事業の公益性が高いと認められ、附れて公益社団法人と....

公益性同it.A尾道法人会で推進していきたいと挨拶がありました社会地域への賞献が求められるが、会貝。皆様のこ協力たと改めて報告がありました。今後は更なる各事業の公益性が高いと認められ、附れて公益社団法人となっ法人会の活動を新たな主務官庁である広品川町より、当初はかなりハードルが高いものであったが、我々、尾道説明がありました。この話が出始めて4、5年になるがe'p口レ頭れ~、。手塚会長から法人会の公益社団化についてお目いてと、な1る5通常総会を0名を超えるご来賓と会員で盛大に開催L5月幻日間に尾道国際ホテルに4月l日に公益社団法人の笠記を完了し、第I回刈・r.l!Jll宮町" raR諸一次補催慣a闘齢、輔副AJ"一開-HEE沼山人-岡OHAH帯山副慣司慰金問側匪置Jlif.iヨを深めました尾道市より加。納副市長もご参加いただき会日の交流この桂、小松成美氏の講演会があり懇親会に移り、elTa公益社団化に対しての祝辞x推進への協力を述法べ人ら会れ各閉事会業しへまのし賛た辞。と表彰桂、ご来賓を代表し長より表彰状と記念品が授、て、与されました。稲田尾道税務署長より顕著な功績をあげられた会只、支部に対して手塚会総会終了後、各組表彰に移り、法人会活動に対して度収支予算が報告されました平成幻年度事業報告、平成M年。度事業計画、平成M年され、公益社団化により今年度より報告事項となった続いて議事に移り、平成お年度の決部報告が承認女性部会理事樫木美喜笹本隆段側-同年部運営専務円福寺雅之側内禍主苛理事山田カ正山困問子醐女性部会理事木織雅子NPO迭人エ房拘のみら民有理事黒潮真和l胸囲黒潮趨位監?西山忠実側函山旅館常任理・音回大造制緩原料(総)理.青木透膏木プロパL制混入舎の.曾と完膚に多大.買似をされと方々に襲彫状.阻られ,した,(敏.・}