公益社団法人 尾道法人会 広報No.137

公益社団法人 尾道法人会 広報No.137(page 12/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.137]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.137」 内の 12ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公笹川iJ;A尾道法人会車『いちごプロジェクトjとはつ『いちご」のネーミノグU夏の節電目線r15%Hこ由来しています。いちごは『毎年実をつける多年草」でありf全国各地で広〈叡糟jされています。そのイメジを毎年女性....

公笹川iJ;A尾道法人会車『いちごプロジェクトjとはつ『いちご」のネーミノグU夏の節電目線r15%Hこ由来しています。いちごは『毎年実をつける多年草」でありf全国各地で広〈叡糟jされています。そのイメジを毎年女性録会が全国的に継続して取り組む社会賓猷活動に重ねました。し一ながら、汗まみれになって配付を終えましたお子さんから「これ、何?」とイlタ君を指差さ。れたり会さん、今日はうちわ配り?」と話しかけられたり、「いちごプロジェクト」の搬を見た全日様から「法人枚を向う「用超か午意無意えっ理陸識なしるて3をくた快商時広、う附脂過げ楽ちに街き、しわ加をに割くはえ量尾合、あ海きに節なっフ道節屯ェがと郵也ラスらい便をイタのう局啓フの配問前を行付発をエに事でし出ンなもしてジく重た発いョなながしくイりり、、事すま、気尾業るし5温道で」た0n駅すと。0に。いt中、節屯を辛く不自由なものととらえるのではなく「いちごプロジェクト」は昨今、電力不足が懸念されるうちわの配付を行いました『いちごプロジェクト」のPR。活動として、パンフレットと平成M年7月女性部会8名とイlタ君でが上がりました。暑さの中で、網引きや魚のつかみ取りに子供たちの歓声らは、サマlフェスティバルがあり、nzり空うだるようなと環境保全の輪を広げていけたらと思います。午怯か捨てさせない、自分のごみは持ち帰る」といった美化意識今後も美しい輯戸内海を匂るため「ごみを姶てない、私たちにとって、悔は大切な財産です。ピlチの砂浜がとてもきれいになりました。山川に暮らす地域住民約1200人の皆様のおかげで、サンセyト瀬戸内」海浜市婦を行いました。雨天にもかかわらず7月1日間、サンセットピーチにおいて、「リフレyンユ日返者中「製さ始すすロ本っの応う記せち糸スまるる震日第やた装英念まロの場りこ問災(木4地気い雄講すーかにまと題・て回域が戸氏ガ演がか代ンしでに即グリーンド「をしがの、はあ、発表のた日法元ま会そ女事人場「、はの「。本気す笑さか性故の会一医天宜に。いれ、全杯学下昧か未部し女とあ相国に一」る健博は天来会会1た性女響織版士と少下をが保ム性いのき讃物」と々」切結障前フと持、でえプ産迎とり束や橋ォ感つ集した業いロ言拓し的にーじ大いた事を、、ヲ搭こ社税てラたらの。に支明会な閲ムかパ1鯖出治言う1車え葉と貢ど備」さ来5群日ワ9のすて年はの献今、さ0馬でやー府るき設恐大活日れし忍で0大川名性そた立妻金動本また耐会歳のをう女のを宣をにし。強がきは参持で性富想言推山た4で若加つすを岡像で進積。月。