公益社団法人 尾道法人会 広報No.137

公益社団法人 尾道法人会 広報No.137(page 11/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.137]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.137」 内の 11ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公益社同法人尾道法人会?佐々木事務局長からいつもの調子で、「ね~、二宮さ~ん、路地の詩なんじゃけど、誰かI'lよいてもらえんかね1Jとお願いされていたことを、すっかり忘れていました。ごめんなさい。今さら女性部....

公益社同法人尾道法人会?佐々木事務局長からいつもの調子で、「ね~、二宮さ~ん、路地の詩なんじゃけど、誰かI'lよいてもらえんかね1Jとお願いされていたことを、すっかり忘れていました。ごめんなさい。今さら女性部会の皆さんにご迷惑をかけるわけにもいかないので、急きょ私が笠場することになりました。わっコラムみたい(汗)気の利いたこと書けんし、どうしょー(涙)無い頭をぐるんぐるん回しても出てこないし、夫婦の美談を投稿しても「うっそー」という声が聞こえてくるしそこで、机の上を見ると、いい本があるではありませんか1パッと聞いて出たページをご紹介しよう!という安直な手を使います。でも、偶然は必然というので。という言い訳をしながら、聞いてみます。ノミッ出ました!お1(領きながら)王貞治さん「プロというのは絶対にミスをしてはいけないJ1球1球が命懸けの真剣勝負「僕の現役時代には、l球1球が文字通りの真剣勝負で、絶対にミスは許されない。と思いながら打席に立っていました。よく『人l町だからミスはするもんだよ』と言う人がいますが、初めからそう思ってやる人は、必ずミスをするんです。基本的にプロというのは、ミスをしてはいけないんですよ。プロは自分のことを、人間だなんて思っちゃいけないんです。100聞やっても、1.000聞やっても絶対俺はちゃんとできる。という強い気持ちを持って臨んで、はじめてプロと言えるんです。相手もこちらを打ち取ろうとしているわけですから、最終的に惑い結巣が出ることはあります。でも、やる前からそれを受け入れちゃダメだということですよね。真剣で斬り合いの勝負をしていた昔の武士が『時にはミスもあるjなんて思っていたら、自らの命に関わってしまう。だから彼らは、絶対にそういう思いは持っていなかったはずです。時代は追えど、命懸けの勝負をしているかどうかですよ。J(f一流たちの金書J数知出版社より)わっ!やっぱり偶然は必然でした。肝に銘じて社業に励みます。感謝。=A.替と呈に陪.電宮ぐ車電竃〈尼主μt@かノリシに伺かを毘ぜて阪売している・を関川定@かノリンを飴泊してから、車m調子が明かレい〈倒〉エシジシがか~りに<<なつだ走行司炉、ノッキング,るよう'"まった加速慢や鐙.....くなコたm~刀スの色。二万イがおかレくなっ定。かノリンの飴柏崎日こ.変な二万イがし疋~広島国税局r不正利ソ吋;'110醤』鯵E畢r0120=2U=IIOJで,"太μ乱打つ娘、川に惚れ宜す-会議中扇町中で大あくび金メダルやれば出本ると子に敬、ぇ島々にサイクリストが橋つなぐ-帰省中子どもと品悼の保有国田の島ガス鎌村上祐司dvがF広重‘薗嶋崎泊費税~