公益社団法人 尾道法人会 広報No.136

公益社団法人 尾道法人会 広報No.136(page 9/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.136]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.136」 内の 9ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公蹴圃臥尾道法人会?申告書を提出した後で、所得金額や税額などを実際より多く申告していたことに気付いたときには、「更正の請求」という手続により訂正を求めることができます。この「更正の請求」について、平成2....

公蹴圃臥尾道法人会?申告書を提出した後で、所得金額や税額などを実際より多く申告していたことに気付いたときには、「更正の請求」という手続により訂正を求めることができます。この「更正の請求」について、平成23年度税制改正で、次のような改正が行われました。[更正の請求期聞が延長されましたEO平成23年12月2日以後に法定申告期限が到来する国税について適用されます。{更正の簡求期聞の延長}更正の謂求ができる期聞が法定申告期限から5年(改正前1年)に延長されました。なお、これまでと同様に、更Eの請求書が提出されると、税務署では調査によりその内容の検討をして、納めすぎの現金が晶ると留められた場合には、滅額の更正を行い、税金を還付することになります。(世1)韓務署が漉額四更E等の処分を軒う場合には、j!iEQ)請求をした方にその内容を通知します。(註2)修E申告書互依期限檀申告書を提出した場合に肱、不服申立てをすることUできませんが、里正の調車がτきる期間内であれば里正の輔草を行うことができます。(1主3)贈与税亙び事転価格税制に悟る法人税についての里正の闘車がτきる期聞は6年(&正前1年)に、法人税の純損失等白金額に悟る里正町請求ができる期間~9年{置正前1年)に、それぞれ延長されました。畳記・畳録等を行った櫨聞に対して行主畳録主許税町酎尊誤りなどがあった場合の過韻納金町置付に悟る量知町暗求期間について、この陣求期間も、量配・畳録等を畳けた固から5年(改E酎1年)に証畢されました。車輪宣局等に対し、自動車量量税を納付した植に自動車検査証の宜付絡を畳けることをやめた場合、又は、過大に自動車重量税を納骨して自動車植査証の宝村等を畳けた場合に、過誤納金の墨付に悟る証明書の茸付を請求τきる期聞は、その陵当することとなった日から5年(改正前1年}に延長されました。(量4)この更正の請求町期聞のE畳に僻せて、韓覇署畳が増圃更正を行うZとができる期聞について、所得韓・消費韓など、&iE前に3年とされていたものが5隼に延長されました。なお、曲り・不E町行指により覗曲を免れるなど脱税の場合に租輯署畳が行う増額里正由期聞は現軒のとおり7年となります。(珪5)平属23年12月2日より前に撞宜申告期限が到来する圃税で、里正の爾京町期限を過ぎた醜税期間について、期額里正がτきる期間内に「里正町申出書」町提出があれば、調査によりその内容の揖討をして、納めすぎの韓金があると留められた場合には、減額の更正を行うことになります(申出のとおりにil!iEされない場合であっても、不置申立てをすることはできません。)。酵し〈陪量寄りの輯務署におたずねください.O適用関係(例)所得税の更正の請求ができる期間巨ヰ日【改正雄行日}RnE 2 :!f計言申告期限更正の積求(1年)戸二E3(d?oi'品乱3. 15平成田制丹市日[①J)FZ言す古室時期限平成田空手3月15日[骨j)'' SII 24.3. 16仮置の翌日)更正の繍求(5年〉129.3. 15閣土臥眠帽~必恥抑制する附帽8 1: !l Q l!iEの悶輔の通用問'‘であり還付制受けるための命闘の軸には時時醐柑肺闘を樋幽L免闘でおる危~..出し色.周囲により土起の周閏".なります.齢L.(1:・寄りの~..に.たずね< "ーさい.(倒)法人税の更正の請求ができる期間区寺B.'組問}RZ言τ官~. (;盟申告期臨時23日月制【剖}更正の謂求(1年)戸二日24. 2. 29〈sh34a}ロ京言τ官時惜定申告糊限平成24日月末日蜘l更正の踊求(5年〉r一一一一人一一一一「ロ7-fト一ず2.28喝の翌8'