公益社団法人 尾道法人会 広報No.136

公益社団法人 尾道法人会 広報No.136(page 7/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.136]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.136」 内の 7ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
錨四法人尾道法人会児童さんと記念撮影を行いましたロ署長手塚会長らと共に木頃小学校の後に全校達成を記念して、稲田尾道視務寺本青年部長が自ら講師を務的、終了本年度最後を飾る木頃小学校では、気んに受講してい....

錨四法人尾道法人会児童さんと記念撮影を行いましたロ署長手塚会長らと共に木頃小学校の後に全校達成を記念して、稲田尾道視務寺本青年部長が自ら講師を務的、終了本年度最後を飾る木頃小学校では、気んに受講していただきました。が交替で講師を務的、原田小学校をスタート13に5青8年名部の員児別童名今年度は昨年9月の木ノ庄西小学校しました。の管内全お枝での租税教室開催を達成本年度も尾道市内別枝・世羅町内4枝管内全校実施達成した昨年に引き続き、校6年生を対皐に始まり、尾道税務署8年前から始まった租税教室は、小学小学校を最後K無事終了しました。平成幻年度租税教室が2月mR木頃意義な意見交換が出来ました。ても話し合われ、懇親を交えながら有人会全固青年の集い「広島大会」についまた再来年度開催される第幻固法話し合いました。反省点、次年度への取り組みについて等本年度の租税教室についての報告や催されました。初分より、因島ホテルみや巴去にて開青年部2月例会が2月泊目別、日同時一円江町Jq利一上げます。学校関係者の皆さんに心より感謝申しいただいた、各校長先生をはじめとする最後に、開催にあたり快〈ご協力をとなりましたロ山の事を学ぶことができた貴重な時間にも大きな刺設となり、事業を通して沢児童さんの姿に、講師を務めた青年部員真剣な眼差しで授業を聞いてくれる圃圃園圃固・・・・・ありがとうごぎいました。要点から書〈ことを教わりました。そして、5W1Eに基づき、簡潔仁書いた文章を確認する作業が大切。りしがち。に通じなかったり、支離滅裂になっていた自分が書いた文章を読み直すと以外えてもらいました。小林正明支局長に、文章の書き方を教1月例会は、中国新聞尾道支局町【1月例会】.UA岨“情,・.咽ω.炉"僧叫%‘~"“・でご~.~.・. ...~~即日・……_ .-.-ω“・.目・0・.・.‘ー-一。_.曲川・-" .回'^・..馴...酬.民乱,-....~A・一山田_.....a唱前-・也_.=古i品川区...例会でした。各事業を見つめ直す良い機会になったこれから始まる平成M年度へ向けて、のではないかと思います。はありますが、理解することができたおぼろげに思っていた公益化が少しで答えていただく形で行われました。事業とは何なのか等々の素朴な質問にてきた個別の事業はどつなるのか、公益度の基礎知識から、今まで私たちが行っ「移行認定でどうなるの?」といった制と講題演しでては行「い公ま益し法た人ロ制度説草って何'」「公益法人移行によって求められる変化」税理士事務所の瓢戸務氏をお招きしての取り組みを進めてこられた、瀬戸務この度は、尾道法人会の公益社団化催しました。2月凶日側、女性部会2月例会を開【2月例会】