公益社団法人 尾道法人会 広報No.136

公益社団法人 尾道法人会 広報No.136(page 13/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.136]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.136」 内の 13ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公益細法人尾道法人会?支部尾道東尾道中尾道北向島法人名吉川工業側尾道営業所丸一電設工業伺伺村井商眉木曽社会保険労務士事務所おの砂古オフィス山源山乃花働側向島昧さい内海工業側合同会社創建工房鯛穂平成24年3....

公益細法人尾道法人会?支部尾道東尾道中尾道北向島法人名吉川工業側尾道営業所丸一電設工業伺伺村井商眉木曽社会保険労務士事務所おの砂古オフィス山源山乃花働側向島昧さい内海工業側合同会社創建工房鯛穂平成24年3月31日現在/全会員数2.142社所在地尾道市高須町1276-4尾道市新高山三丁目1170番地ゆ204尾道市東御所町3-8尾道市栗原西=丁目1番2号尾道市向東町3502番地の5尾道市向島町551尾道市向島町1259番地8尾道市向島町16033-30尾道市向島町5553-6業種建材卸売・船舶工事建設果物卸・小売社会保険労務士鮮魚卸・配送飲食船舶修理飲食飲食5月6月7月8月22(K・T)まだ始まったばかりなのです。話ではなく、災害も支援も現在進行形の出来事。合い、支えあう。あれから一年。それは思い出の中の道のりは険しくても、何ができるか考え、助け想いをよせていけたら。います。尾道から支援のその縁の先にある方に現地では復興に向けて頑張っている方が沢山必要なことだと思います。大いに使うといったことも、東北の経済の復興にはするのはもちろんのこと、東北のものを買ったり、より一層西日本が元気に活動し、経済を活性化あります。できませんが、西日本にいてもできることは必ず西日本にいると日常の中で震災を感じることはものがありましたロことではないのかもしれませんが、身につまされるもしそれが尾道でおこったならと感傷的に語る忘れられませんでした。にもあった安波山から見た気仙沼市街の風景がで活動をされたお二人。お話を聞くなかで、文中いをお聞きしました。くしくも気仙沼という地れたお二人をお招きして、当時の状況、現在の想今回巻頭の特集で、実際にボランティアに行か中でこの日を迎えられたと思います。まだ一年、もう一年。様々な時間の流れと想いのしょ、っ。人等が被災されたという方がいらっしゃる事で方や、実際に被災された方、ご家族、ご親戚、ご友皆さんの中にも、実際に現地へ支援に行かれた東日本大震災が発生して一年。