公益社団法人 尾道法人会 広報No.136

公益社団法人 尾道法人会 広報No.136(page 12/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.136]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.136」 内の 12ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
組掴法人尾道法人会-坦F毛主主布製:fnCIl肱⑨?雇用問圃コメンテーター長崎健三題高齢化、人口漉少化は蜜草のキーワードわが聞は、いままさに成熟社会に向けて社会経済システム全体を疲草していかなければならない瞳....

組掴法人尾道法人会-坦F毛主主布製:fnCIl肱⑨?雇用問圃コメンテーター長崎健三題高齢化、人口漉少化は蜜草のキーワードわが聞は、いままさに成熟社会に向けて社会経済システム全体を疲草していかなければならない瞳路に立たされている。でほ成熟社会とは何か'キーワードは、「超高齢化Jf人口減少化Jf多様量択型自己実現社会」である。昨年末に措表された国勢爾査結集によると、総人口に占める白旗以上の高働者は23.096となった.世界で一番の超高齢社会である。これに加えて、わが国の人口が1健2535万人と初めて人口減少社会になったことも明らかになった。この「超高齢北」と「人口誠少化」は、社会の環境変化に対して根本的な解決策を構築する際のもっとも重要なキーワードである。超高齢化、人目減少化がなぜキーワードになるか也いえば、この環境変化は抑制することFできないからである。人目減少化についていうなら、これまでのような出生率の低下を原固とするものではなι子供を生む可能性のある25-39歳の女性人口が減ってしまうことにある。子供手当などで解決のつ〈問題ではないのである。薄利多売モデルでは、蹟争力を纏持で書(rいでほ、なぜ抜本的な変革が必要になるのか。その理由は、変革しなければ、日本経務が錬争力を失うことになるからである。1後からこれまでのピジネスモデルは、技術を輸入して大量生産を大規模に展開することで、価格競争に耐えてきた.置備コストをかけて造るから、当然。司乱益率は置い.それをカバーするのが、大量生産する薄利多売方式である。このピジネスモデルを持続可能とする7とめには、卦働力の増大という条件が確保されなければならなかった。これからの人目減少社会では、根本的に、この薄利多売モデルの考え方を衰えなけれ.I;f,企業量管を危うくする。大量生産方式は昭和四年托のものであり、いまや中固など新興国に正せておけばよい。半世紀前のモデル世、そのまま、現在の日本K適用するとは鰻も恩うまい。働曹方也衰えるt&要では、先進国型のモデルとは、どのようなものか。最大の問題は賓の商い製品を聞発できるか、否かである。量ではな〈利益率で稼ぐモデルへの転換を呆たさな〈てはいけない。生半可なものではなく、そのためには、大学や研究機関、他の企乗との連携も必要となる。軍備力が減少するのであれぽ、生産拠点を海外に移せiまよいという掠れもある沿えとれ岨旧モデルのE命策にすぎない。真の国際化とは、世界中から優秀な人材が集まり桂術開発力の優位性が担保できることである。働き方も褒わって〈る。大量生産量の働き方においては、野働力が朝9時から夕方5時までいっせいに働くu・う菅理的な働き方が効率的だった。しか」成熟社会では、多様化、軍択亜の自己実現が考え方の中心になってくるので、働き方も働〈倒が畳択できる歳労ンステムなどが求められてくる。いま日本は、固も金量も個人も、措想の転換による経演社会システム全体の変革が必要とされている。[著者略歴1長.俊三(ながしましゅんぞう) 1947年生まれ。明治大学卒。新聞配者、TVディレクターを経て、1979年より、(財)高年働者雇用開発箇会発行の月刊詰「エルタlの箇集を創刊から担当。四11隼6月、独立行政法人高帥・障害者雇周支援繍橋を退職す~まで、同誌舗魯者として高齢者雇用問彊を執筆。著書に[60.からの仕・J(清家篤慶庖謡盛大学教授と共著、暢阪社刊)、r.:r.---;;レス就寝位会J(共著、日本能率協会マネジメントセンター刊)などがある.f支部だより~瀬戸岡支部会員の蜘い】去る12月8日(木)全員視察研修を実施しました。(参加者14名)「焼肉焼いても家焼くなuのフレーズでおなじみの日本食研。愛媛県今治市にある本社には、調味料の製造工場のほかに、宮殿食文化博物館や世界ハム・ソーセージ博物館という「食」に関する施設が併設され、まるで「宜」のテーマパーク。今回は、製品の製造過程やヨーロッパ文化の食文化について学びました。世界の食文化に影響を与えた中世ヨーロッパの宮廷晩餐会のように、宜主化の向上に貢献する会社でありたいとの思いから、ヨーロッパの宮殿を模した豪華絢嫡な宵殿と庭園は素晴らしいものです。お昼には、アサヒぜール固で出来立てのぜールを飲みながらジンギスカンを堪能し、午後からは世界的産業遺産の里「マイントピア別子」で、実際に使っていた鉱山鉄道に乗り鉱山観光、旧火薬庫を利用して作られた長さ333mの坑遣には江戸ゾーン、近代ゾーン、遊学パーク体験ゾーンがあり、リアルに当時の生活を見ることができました。最後にー彊千金を狙い砂金採りに挽戦しましたが残念ながら途中で挫折しました。今回の研修では、「学び、貴べる、遊び」が体験でき、参加者にとって大変有意義な研修になりました。