公益社団法人 尾道法人会 広報No.136

公益社団法人 尾道法人会 広報No.136(page 11/14)[公益社団法人 尾道法人会 広報No.136]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「公益社団法人 尾道法人会 広報No.136」 内の 11ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公益師法人尾道法人会レポーターの世ベる特涯はみなうまい結婚をしたけどいつもUKリ酒ワイシャツでガードしている下着干し-日を閉じT株町話が好くな全なにげな〈吉幸つなげる上初対面園の島ガ⑨村上枯司がf路地の詩r....

公益師法人尾道法人会レポーターの世ベる特涯はみなうまい結婚をしたけどいつもUKリ酒ワイシャツでガードしている下着干し-日を閉じT株町話が好くな全なにげな〈吉幸つなげる上初対面園の島ガ⑨村上枯司がf路地の詩r:ーhie山叩爪やをうb西から東へ山陽道~ええじゃん、ええじゃん、ええじゃんじゃんb北から甫へ銀山街道~ええじゃん、ええじゃん、ええじゃんじゃん尾道みなと祭踊りコンテストに参加して今年で11回目、毎週冒頭の掛け声をかけつつ練習の真っ最中です。銀山街道、ご存知のように、石見銀山(島根県大岡市)で産出した銀を尾道まで運ぶため、今から400年前に整備された輸送路、道幅7尺(2.1m)、道程35里(約140km)。この遣を「銀山街道」と呼ぴ、銀を馬~牛に載せ3泊4日かけて運んだといわれています。牛馬200頭、荷役300-400人の隊列で、140キロを3i白4日で尾道まで運ぴ、その後大阪・京都へと運び、貨幣となっていった、その運搬の最後の休憩地として御前は栄えた町。街道の一部である、御調町綾目地区と宇根の古道は昔の面影をよく留めています。この街道で野鳥のウオッチング、自然観察、ハイキング、サイクリングで歴史の空気をたのしみ、近くの県下一番町名水、地下108田より汲み上げた「岩倉乃水」でのどを潤し、天然温泉尾道ふれあいの皇で汗を寵し、遣の駅クロスロードみつぎで、地元の農家で栽培した、お米新鮮野菜をぜひどうぞ。この誌がお手元に届くころには、「ええじゃんSANSA・がり」コンテストも終わっているはず。わがチームのイキイキみつぎ(6名)が、グランプリ部門で優勝していることをお約束して御調町のPRを終わります。土山八重子