尾道法人会 会報No.135

尾道法人会 会報No.135(page 6/14)[尾道法人会 会報No.135]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「尾道法人会 会報No.135」 内の 6ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
叡尾道法人会平成幻年日月げ日…同日日日側、「和を尊ぴ青年の使命を果たせよ」をスロlfンに第沼田法人会全国青年の集い「みえ大会」が三重県伊勢市三重県営サンアリーナにて開催されました。口日は伊勢市観光文化会....

叡尾道法人会平成幻年日月げ日…同日日日側、「和を尊ぴ青年の使命を果たせよ」をスロlfンに第沼田法人会全国青年の集い「みえ大会」が三重県伊勢市三重県営サンアリーナにて開催されました。口日は伊勢市観光文化会館にて租税教育活動プレゼンテーション、おかげ横丁にて部会長ウェルカムパーティーが開催され、寺本部長が参加し全困の部会長と意見交換を行ないました。租税教室プレゼンテーションではU単位会から発表があり、最優秀賞に輝いたのは岡山県違の横戸法人会青年部会でした。内容は税の学習ぜデオを元タカラジエンヌである青年部会員の奥さんのプロデュースでオリジナルに脚色した演劇で、熱のこもった素晴らしいものでした。同じ中園地区として婚しくもあり、またより膏起きせられる結果でした。おめでとうございましたl即咽注入・ゐ童圃禽毎申・い『みえ大会』施日は尾道からの7名のメンバーが合流し、大会式典に参加しました。式典では全国の租説教育活動や会員増強などの活動状況の発表があり、会場ロピ1のパネル展示と併せて各地の取り組みを知るいい機会になりました。式典後には経務評論家の勝間和代氏を講師にお迎えし「東日本大震災と日本経済iどのような復興政策が東日本のみならず、日本を救っかl」と題した講演会が開催されました。会場周辺ではB経グルメや三重の特産品を集めた「全部三重ちゃったl|ご当地グルメ大集合!l」と題した物産展が開催され、大いに賑わっていました。再来年の広島大会へ向けて大いに番考になりました。夜には恒例の多治見法人会との交歓会が開催され、昨年の青年部創立却周年記念式典においで頂いたお礼を改めて発せていただき、会員同士膝を交えお互いの活動について熱く語り合いました。来年の宮崎大会での再会を誓い合い、楽しい時聞を共有させていただきました。日月四日刻、青年部川月例会を世羅町「割烹山裾」にて開催しました。親会より手塚会長、玉浦副会長にもご出席いただきました。例会では、今後の租説教室の開催について・全国青年の集い「みえ大会」について・税を考える週間キャンペーンについて・ワンコイン募金についてなど話し合い、今後の活動について意見交換を行ないましたロ懇親会では、世羅支部の皆さんのご尽力により松茸をつかったすき焼きや炊き込みご飯を堪能し、お土産に世羅でとれた大根を頂きました。短い時間町中でしたが、青年部内の懇親を深められ、本年度の活動に対し決意を新たにする例会となりました。6日月お日制町、租秘教室講師研修会を開催しました。福山積務署より渋川広報官、尾道説務署より寺本統括官・=一宅総務係長にご臨席いただき、青年部内で今後講師を担当するメンバーを対象に行ないました。研修会では最初に渋川広報官によるパワ1ポイントを活用した模擬租税教室を実演いただき、児童をあきさせない工夫や資料の効果的な活用法などを勉強させていただきました。次に、青年部の砂田副部長より経験に基づいた模擬授業の実演がありました。自社の商品を使った自己紹介に始まり、各種ツ1ルを活用した授業の進め方等、経験に基づいた分かりゃすい説明でした。青年部では本年度も全校での租税教室開催にむけて活動しています。参加したメンバーも講師デピュ1に向けて、真剣な眼差しで講師の言葉に聞き入っていました。