尾道法人会 会報No.135

尾道法人会 会報No.135(page 2/14)[尾道法人会 会報No.135]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「尾道法人会 会報No.135」 内の 2ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
訣尾道法人会軍E雪会i画r.J画面会副晶j尾道法人会塚弘檎宏川征浦洋本紙宅本保宏山修安文川治向井介本多士銀治川援寺本孝上野幸子外事務局職員一同?岡玉新両手S語A!長占是口n:且孝智禎協強吉明彦明社圏構AE置撞人会2....

訣尾道法人会軍E雪会i画r.J画面会副晶j尾道法人会塚弘檎宏川征浦洋本紙宅本保宏山修安文川治向井介本多士銀治川援寺本孝上野幸子外事務局職員一同?岡玉新両手S語A!長占是口n:且孝智禎協強吉明彦明社圏構AE置撞人会2手塚弘三私たち尾道法人会は、新会益法人として、新たな避を歩むことになりました.今までは、良き経営者になるζとを目指しつつ、納視意趣聞の向上と、社会の健全な発展に貢献する・』とを目標に活動をして参りましたが、これからは、今まで以上に地域社会に貢献する活動が求。られます・属温韓宿署Z稲田幹雄新年あけましておめでとうございます・社団法人尾道法人会の会員の普様方に置んで新年のご挨拶を申し上げます固会員の普様方区は、平素から麓務行政の円掃な運営につきまして、格別のご理解と多大なご協力を思っており、億上をお借りして心よりお礼申し上げます・実法人会におかれましては、地域社会に曾着した社会貢献活動を積極的に推進され、納穏意岨聞の向上と企業経営並びに社会の健全な見舞援に貢献しておられ、その活動に対しまして、改めて敬意を表する次第であります・また、実法人舎の公益法人への移宥につきましては司会益法人申簡を済ませられ、寵定に向けて販制に手鏡き2きて、昨今の政治をみていると、自を覆いたくなるようなζとの逮畿です・どう見てもまともとは言い偉い無神経な政治家たちの発曾に、勾撞罰するばかりで、期待はできません・政治や笹脅が劇的に表化しようと、私たもは生き延びていかねばなり一ません・法人会は、その心の支えであり、行き詰ったときの庖援団であり、異業種交涜の場でありたいと恩っております固ζの時刻、法人会が・国家e社会貢献の使命を恒田町新制度のもと再スタートするととは、もしかしたら絶妙のタイミングなのかもしれません・心新たに、更に兎突した法人会にしたいと意気込んでおります.が行われていると伺っております.私ども穂陸虜宥放に携わるものといたしましては、IT化。国際化の進展、経済取引の複緯広埠化、瞬医型社会の到来等の急速な褒化のなか、寂々の責暑である「適正公平な罵製」と「期限内納付の確保」に向けて努めてまいりますが、視のよき理解者である貨法人舎の錘屍は、議知憾の普及と適正申告の醸成に寄与するものと考えております・ところで、回程庁が重要健闘嵐として取り組んでおります「eITazの利用促進」につきまして、会貝の皆様方には、積極的な利用をしていただいておりますことに感謝申し上げます.eI Tazにつきましては、電子申告だけではなく、簡単な手続きでオフィスから納付が可能となります「ダイレクト納付」の利周も、ど協力を周りますようお嵐い申し上げます固終わりになりましたが、新しい年を迎え、社団法人尾道法人会の益々のご発展と会員の皆様方のご繁栄とご健膨を心から祈念いたしまして、新年のご挨拶と告せていただきます・