尾道法人会 会報No.135

尾道法人会 会報No.135(page 11/14)[尾道法人会 会報No.135]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「尾道法人会 会報No.135」 内の 11ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
銀尾道法人会皐事せは賀状でわ必る筆のあと-一人襲隼を量一訟で星帰り寄り合いは口八Tea衰を出す-絢車庫健食のご凪定職めぐりいい逼で自分の世"でひP休み圃'Z圃村上樟司HμE川相両日目μE私は仕事で企業に取材に行き....

銀尾道法人会皐事せは賀状でわ必る筆のあと-一人襲隼を量一訟で星帰り寄り合いは口八Tea衰を出す-絢車庫健食のご凪定職めぐりいい逼で自分の世"でひP休み圃'Z圃村上樟司HμE川相両日目μE私は仕事で企業に取材に行きますが、先だョて18年ぷりに独身時代に勤めていた会祉を続開しました.その取材内容は東部工業技術センターと技術開発をし、これから実証実取に入るというものでした固一連り取材が務み、昔お世話にな。た部長きんと厳に花が咲き、rocさん陪出世して偉〈なったよ」とかrooさんlま定年退職したよ」など、懐かしきのあまり時間金忘れ、信畿地域のものづ〈りの賞者にまで及びました。協力工場の廃棄や若い技術者が曹ちにくい環境など少々暗い積極になりましたが、ただその中で印象的だったのが、「目先のことだけを考えると新技術陪生まれに〈ぃjということでした.確かにこの不況下にあっては、目先でも売り上げを伸ばしたい経営者は少なくありません.ましてや新技術を開発するほどの余裕がある企業は一郎だけ。しかし、日本が生き残ってい〈には新技術を開発するものづ〈りの真.を継承しないことには先はないように恩います固との不況と未曾有の震災と放射能被害からの復興.とれは喰後ご苦労され日本経済を成長せきた先人たちと同じとは言いませんが、現在の厳しい経務環境から創意工夫し畿ける車引力や勇気が盛要だと慮じました。素晴らしい日本を想い指弘新たなステ』ジに向かつて希望を掲げて進むしかないと畠じています。松下幸之助のことばに、「何のために経営するのかと関われれば、それは糧管理念を実現することだ」とあります。「衝けることほ大事ゃ.それを忘れてはいかん.しかし情けが先に来ると、経営はうま〈いかないようになっている。」とも厳きれています.今iま字国Rを嘗める時期ではありますが、志しを高〈砲のごとく上昇の年としたいと思います。三宮車1