尾道法人会 会報No.135

尾道法人会 会報No.135(page 10/14)[尾道法人会 会報No.135]

電子ブックを開く

このページは、電子ブック 「尾道法人会 会報No.135」 内の 10ページ の概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると、今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
叡尾道法人会困季の移ろいと共に「おいしい」を届けます一様式禽桂ザンワ7.ーム三和銀鋼.・.11:・Sま代表取・後栓長中島型書晴さん4-内・『‘。田健編組事emとして世居合地で・・の袋櫨帽を蛤められた鞠サシワファー....

叡尾道法人会困季の移ろいと共に「おいしい」を届けます一様式禽桂ザンワ7.ーム三和銀鋼.・.11:・Sま代表取・後栓長中島型書晴さん4-内・『‘。田健編組事emとして世居合地で・・の袋櫨帽を蛤められた鞠サシワファーム抵震の中島,mきんを防ねました・個aF大気根島-mへの・・入ag保温するた@に町楚遠慮した且腐葉凶組の中から37A吋9・71ι又鈎11aeon-em入舎れ・a司珊傘開・魯れていいます-本au-一-和銀-m偉幽"で組組-e代直属するゼホヨシとして怠〈釦られていますが、-aaへの・・λ盛時忽亡〈なられたど8突で生代社長中島正行氏ar・惨で・委をされていたとともあ切、具象種への・・λ&傘"ました.また、もう一つの衝BB・桑である介穫量訟グループTkg入、事事の成功を社会ヘ還元したいとの先代社長の長年の思いが具体化したものだそうです・-Aama'unに霞立きれ鋤600本の苗木ag--えられました・プv'"*院・風水になる事でS隼かかるそうですが42b賓がす鈴惨事す・2怨与のaR・・Hh陸釣釘fJの収・聖定だぞうです・金量の目"・笹山弘、ピォーネ、..戸9・47ンッ、シ・インマスカツF、守ニ盲目awBHyaの四晶置です・昨年の駄に省めての収穫があり市島に樹膏きれましたM,‘予az凪上の靖費者一からの評価にS信平面聞のご脅猪が報われたと昼圃の脅さんで喜ばれたそうです・今晶恨の-E回目keる本格的傘収穫に告げtm鍋waF・らむと陶時に、傘闘に「忽いしい』を刷ける衝だな凶局窓旭区の名盗品の置生e・期待したいと思い宮す・「安心』eaw--e'国の訟慣.停に盆づ畠たいEe'ag使Zh土づ,、,と化李恩科・化拳-m・婦の便局eaE祖慨を一体的に行う一廃案者を「エコフ''VB」kして知事が複合疋する制度ar&るそうです・この竃定取得のた@K・環境保金量鹿実に取paz,、・"-R色。官飼い生産方式ag.,λしておられます・きらにag"の使m掴像と化学恩・宥@使用-Raveの--mの慣行レペルのS割以下で金量Sれた-mE・に対して「-waa--属宣働』の包笹が島品格ホ怠省から得られるとの乙とで・とちら‘取得金目指して目々皆きんで努カしてhaられます・こういヨた取り組みU「おいしい」と同時に「安心」を届けたいとの思いから関商当初から積極簡に橿趣されてい奮す・平均絢主JF主回帽の虚寄は約500グラみだそうです、-本のホに鈎120EWがつ〈のar-a的ay卓a,で、-M'にお鈴鹿の賓がつ〈のがaEといbれているそうです・脅9た"のa'eイdpt少し舎がらそのa舗の婦に@るように舗棋の鎌をそろえるための捕鍵の作aeumの形を'aるた砲の鍋房の作寮など‘ほとんど手作震のプドウ作りの毎日が一年間・8ます・最丞の少子高崎化や鶴居老Aa--の噌加に向けた対鎗'として小さAquaのプドウを作る工夫など、得証恵先の4・2に合わせた房の大ききゃ継の般のプドウを作るととをお・幹線区包提案するなV時代の日日lズに合。た商品開-e心がけています・怯--区の中でu.‘...聞の・聞い820・'!トルに立‘するた色"に昼夜の温度諸が大島〈プF9・・帽に・してMおり、幽--"の温いから・・の・EeプFウに捻ぺて硲・"をずらしτa'・zできるととも有利な金件10ルなふています・「鍵庫」eaw--すスタヲフの皆さんのプログに陸一年同血管過して量置をしながらWてるプドウヘ@思い入れが奪三.で子供会育てるかのように・られています・a事裏紋e-保守関金過して・俸と向倉台いa'e,aBて-生・・、-R情込めて世話をする,aFプログに溢れています・曹、本からanavたプV9の白木に小さ&裳がつ・5は巳e・舎にMMマイナス沼度をaE・したと企もある編蕗のため気温の心配aeLearら水の管理、病虫害の対策など一生--AWま蓄に字血にかけて宵てる智きんの養が闘にapかぷょうです・夏には台風の強風による事下の心配、イノシシの信書など心配は胤きませんが晶恨の叙橿に向けて血育守んの鎗カが少しずつ成条となaiて賞。てい〈律子‘よ〈bか'azす--A,,ヲの中から鹿嵐良露大学幽慢にaR-aき仇ah宮、東--a・悶技術符・zmで鋼場金受けたりと白文庫覧に-m.‘重ねていかれたそうです・大切に脅て、収書しar与条今の出荷のた‘"の位鍾繍も雄元尾重大字の美術字a"の字生さんに依願して鳶障で尾温らLいデザインを制作一中だそうです・。とaok動車にスタヲヲの且育実んの気持ちがこもった「おいしい」プV9をおe・に食ぺていただき「集編」にな白て‘らえる、そん傘プドウ作me--eんでB姐惜してhaられ-ze'・・きんで丹"込@て仰られた属遣のプVウが遣い傷畿に毎しい鳳遁の名Eaaと傘ることを冨い掌す・富喜